FC2ブログ

またまたBigなNewsが…

先週の検査結果で、とりあえず、「経過観察」になった旦那様。
すっかり日常を取り戻しました。
ゴミ捨ても頼めるようになった!(笑)
今朝も頼もうかと思っていたのに…
私が起きた時には、もう車がないΣ(゚д゚|||)
仕方なく、不燃物をゴミ置き場に運ぶ私…
そして、昼頃、写真が送られてきました。
20190213165449769.jpg
おお~、かなり、うずもれているw(゚o゚)w
寒中リハビリ?にでかけたようですね(笑)

ちなみに、本来の姿(夏場)は
101142270721592_img1.jpg
話は脱線しましたが、
すっかり、元気な自由人(旦那)でした…
「良かった」と言っておきましょう(^-^;

旦那の体調はよくなったのですが…
昨日はまたまたBigなNewsが…
水泳の池江璃花子選手が白血病 ((((;゚Д゚)))))))
言葉を失いますね…
去年も日本記録いっぱい塗り替えて!
東京オリンピックで一番メダルをとるんだろうな~って思っていたのに…

池江選手の回復を祈るばかりですm(_ _)m


ランキングに参加しています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

男女格差について考える?

昨夜は、「昭和・平成の歌姫ベスト100」なる歌番組を見て、
80年代、90年代の歌にちょっと興奮?
音楽に合わせて踊ってしまうことも(笑)
女性も素晴らしい歌手がたくさんいますね!
(1位はAKBだったけど…)

その番組終了後のニュースを見ていたら、
タンザニアで男女格差の是正に奮闘しているジュマ・イカンガーさんの話が!
ジュマ・イカンガーさんは女性にもスポーツ参加の機会をと、
JICAの協力を得て、女子の陸上大会を開催されたそうです。
ジュマ・イカンガーさんは、元マラソン選手で、あの瀬古利彦さんと競い合っていたとのこと。
スポーツをきっかけに、タンザニアでの女性の社会的地位の向上を目指しているようです。

ちょうど、先週の土曜日に、
男女共同参画推進事業の講演会を聴きに行ったばかりだったので、
女性の活躍の場って、もっとあってもいいのかな~ってちょっと感じました。
男女共同参画ってあまり意識はしていなかったのですが、
講演の内容が、
「災害に強い地域づくりのため~防災・減災に女性の力を活かす~」
だったので、「防災・減災」に反応しただけ?なんですけど(笑)

私は、スポーツ大好きで、子どものころから、兄や弟に負けずにやらせてもらっていました。
喘息持ちだったのに、発作が起きるまでやり続ける?(笑)
父も母も、「女の子だからこうしなさい」って言わなかったな…。
もちろん、母は家事の手伝いは私にさせてはいたけど。
うちの中では、ある程度、男女平等だったと思います。
そういう意味では、ある程度大人になってきたとき、
「女性なのに…」って言われることが、つらく思ったことが多々あったりしました。
(まあ~、所謂、セクハラ、パワハラかな?)
でも、当時は「そんなもんだ、我慢我慢」って思えたし…
女性だけの組織の中でも、封建的な世界だったし…
男性だけがひどいこと言ってるとも思っていなかったし…

先日の講演会の講師の方は、
「女性リーダーの育成が大切」とおっしゃっていました。
昨日のニュースの中で、
高橋尚子さん(レポーターをされてました)が、
日本の女性スポーツ選手の人口は増えたけど、
その後の組織に残って幹部になるれる人は本当に少ないと言ってました。
そういう組織は、やはり男性が仕切るのでしょうね。
女性政治家も日本は少ないって言いますよね。

世の中はすぐには変わらないけど、
若い女性たちには、これからどんどん活躍する場を増えることを願います!
あっ、女性に限らず、男女共に!若い子頑張れ~ですねヾ(≧▽≦)ノ





ランキングに参加しています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

緊急時の医者のかかり方?

またまた日があいてしまいました(;^_^A
コメントのお返しも遅くなり、すみませんm(_ _)m

先週は怒涛の1週間?
木曜日に、仕事で大きな事業があって、前半戦はバタバタ。
若干、残業もし、家事もままならず…
木曜日、当日、なんとか乗り切りました!
80点の出来ってところでしょうか(*^▽^*)
さすがに人相手のお仕事なんで、全員に満足いく結果なんてありえないので、
まずまずですヾ(≧▽≦)ノ
いろんな方がいるので、必ず文句を言う人がいますから(笑)
(言われることも想定内、うまく対応!)

木曜日の夜は…ちょっと開放感!
台所を片づけ、ちょっと遅く帰ってきた長女に夕飯をだしたあとは…
キッチンドリンカー?
呑むモードに(笑)

そこへ旦那が帰宅したのですが…
「ん?(遊んでくるなら)なんか微妙な中途半端な時間だな…」と思っていたら、
玄関から私を呼ぶ声が!
旦那の様態を察した私…
「今から、○○してくれそうな病院ってあるかな?」と旦那。
「診てくれる病院探すよ」と、私はパソコンの電源を入れて、
夕飯を食べ終わった後も、だらだらと茶の間の炬燵にいりびたっていた長女に、
「出動準備!パパを病院に運ぶ!」
(私はすでにアルコールが入っていたので運転はNG)
「どこの病院?」と長女。
「これから、決める」と私。
旦那のもとに戻った私は、旦那の状況を確認。
場合によっては救急車とも思ったけど、そこは冷静な私。
なぜこうなったのか、今までの経緯を旦那になんとか尋問し…
昼間も1回調子が悪くなり、かかりつけ医(旦那の職場の近く)へ行ったとのこと。
かかりつけ医は、旦那の仕事でのお客さんでもあることを知っていたので、
「T先生に連絡取る方法ある?」と私。
「奥さんの携帯は(登録して)ある…」ってスマホを私に渡しくれたので、
かけました。
奥様もでてくださり、「院長に代わります」って。
T先生に状況を説明したら、「うちに連れてきてください」と。

苦しむ旦那を長女の車の後部座席に乗せ、私は助手席に。
道中は…長女と私が、旦那をいじる爆笑トーク?
(気を紛らすために?…ほんとかな?・笑)

病院は明かりもついていて、自動ドアのスイッチも入っていて!
すぐに先生に対応していただきました。
(病院の2階がご自宅です)
長女が駐車場に車を停めて、待合室に。
スマホを見ながら、
「家の誰かに(パパのこと)言ってきた?二女・三女(姉妹ラインで)が何かあったの?って」
「あ~、末娘ちゃんにしか言ってないかも」
(出るまでに末娘しか会っていなかった…)
「パパを病院に連れてきたけど、今夜は帰れるから大丈夫って送って」と私。
(私はスマホを家に忘れてました)
「ばあちゃんに何か言う?って二女からきたけど、どうする?」と長女。
「ばあちゃんに言うと大騒ぎするからね。気づかれてないなら言わない方がいいよね」と私。
「だね。面倒くさくなるだけ!二人にそう伝えとくね!」と長女。
そして、待合室にあるコミックを物色し始めた私と長女。
二人で先生の年齢層を推測する(笑)
そうこうしているうちに、旦那が診察室から出てきました。
ちょっと無様な姿で…
「お~、それつけられたの!記念撮影する?」と長女。
「ハイどうぞ、インスタ映えするでしょ」と旦那。
旦那も冗談を言えるほどに回復!
痛みも治まり?顔色もよくなっていたので一安心。
「明日の朝、紹介状書いてくれるって」

翌朝は、私の運転で再びかかりつけの病院へ。
紹介状を書いてもらって、即、総合病院へいくのかと思っていたのですが、
「(総合病院の)外来もいっぱいらしく…予約は来週になりました」とのこと。
まあ~、緊急性はないってことですね(笑)

紹介状の他に、今までのいろんな検査結果のデータもディスクにコピーして渡されました。
(封をしてあるので、見られませんが)
今までの病歴とはいちいち言わなくても済むし、無駄な検査もしなくて済むので、
きちんとかかりつけ医の先生から紹介状をもらうのは正解ですね!
まあ~、データをもらえるのは電子カルテを使っている病院ですけど。
田舎の町の高齢のお医者様は、手書きカルテの方もいますから…

嫁いでから、姑に何度も緊急で病院に何度も連れて行かされ…
そのたびに苦労すること…
「医者の質問にこたえられない」
今までの病気は?
薬は何飲んでるの?
私が姑の通院にいちいち付いていかなし、分かるわけがない!
(歩いて2分もかからないところに内科がある、コンビニより近い)
救急の病院に行ったときの姑の言葉…
「医者なら、体、診ればわかっぺ」
夜間、研修医らしき人が担当だったとき、
「あの先生はダメだな。わかんねから、えらい先生もきた」
翌日、外来で検査しても「特に異常なし」だったんだけど…

いままでの医者とのやり取りでうけたこと!
医者「身内で癌で亡くなった方といたかい?」
姑「父ちゃんが癌だった。おれも癌だべか…」
医者「お父さん?」
私「お義父さん、お義母さんの夫が脳腫瘍でした…」
医者「旦那さんがね…」
(確かに身内だけど…、血はつながってない)
笑いたかったけど、そこは我慢。

私も若いころは、姑の仰せのとおり、休日でも夜間でも大きい病院に連れて行ったけど、
今の時代はそれは通用しなくなっています。(受け入れてもらえません)
年寄りは、「大きい病院で診てもらった」っていうので安心するのもわかるけど…。
「お薬手帳はいつでも持って行ってね」って10年前くらいから言ってるけど、
結構、手帳を忘れることが多い(シールもらっても貼るのを忘れる)。
無くなったと思って新しく作ってもらったら、古いのが出てきて、
どっちも使っていてごちゃごちゃになっていたり…
私に「病院に連れて行って」と言う時には、
まずはお薬手帳を確認します。
前後していても、なるべく最近のものを用意して、
古い物は私が預かるようにしています。

倒れて救急車で運ばれたことも2回あったけど…
原因は「脱水」、それも冬に…
寒がりの姑は、カイロを貼りまくります。
そして、着込んで外出する、暖房が効いているところにいく…
そりゃ~、一気に汗かくわ!
だが、人前で倒れる姑なので、直ちにその場にいた人から私に情報が伝達されます。
恐るべし地域力!(私の勤め先は姑の知人に知られている)
こういう時はありがたいですね(;^_^A
もちろん、脱水なので…、点滴してすぐに戻ってこれます。
「(脱水になるには、)どこか悪いところがあるんだ」って姑は言い、
2回目の時は、色々と検査してもらいましたが、特に異常は見つけられなく…。
姑は病名をつけてもらい、治療してもらいたかったのだが、
「何かあったら、かかりつけ医に相談して」言われて帰ってきたのです。
それ以来は、大きい病院に行くことに消極的になった姑ですが、
自分の体への不安はなくなるわけはなく…、
私が対応できることはやっています(話を聞くことですね)。
なぜなら、姑には「オオカミ少年」になってほしくないから。
本当に具合が悪い時に、対応してあげなくて、後悔するのは私になるし。
さすがに姑の自業自得だなんて言えないです。

20年間、姑の病院騒ぎに付き合わされている私の経験値はスゴイヾ(≧▽≦)ノ
もちろん、4人の子どもたちの病気にも対応してきたし(夜間診療・休日診療も行っています)、
旦那の件も冷静に対応できたと思います。
今回のように、夜間でもかかりつけ医の先生に診てもらうっていうのは、難しいとは思います。
地域によって違いますが、消防署とか、行政とかで、夜間でも相談(病院の紹介等)してくれるところがあります。
(それを調べるために、パソコンを立ち上げました)
意識がない、対応するの難しいと判断したら、もちろん即119番で良いと思いますが、
冷静に、慌てずに行動することが一番ですね。
初めていく病院には、お薬手帳を必ずもっていくことも大切かと。
お薬手帳を医者にみせると、しゃべることが少なくなるので楽です。
「救命救急講座」も定期的に受講するっていうのも良いですね。
緊急時の対応をシミュレーションすることで、慌てず行動することができると思います。

なんて、悠長に語ってしまいましたが…
旦那の検査はまだ(明日)で、結果次第では私も蒼白になったりして(>_<)

ちなみに、姑には、今回の旦那のことはまだ、ばれてないようです。
旦那は今、あるものを装着している、にわか障害者なんだけど…うまく隠してる?
もともと、姑と旦那は生活での接点が少ないからかな~?(笑)
ばれたら「なんで医者はすぐに診てくれないんだ」って騒ぎそう。
「どうしてそうなったんだ」とか…。
「病名はなんだ」とか…。
いやいや、誰だって、病気になるし…。
まだ、正式な病名とはっきりした原因はわからないし。
それの受け答えをするのが、はっきり言ってめんどくさい!
それを家族はみんな知っている…
だから、姑の前では、旦那の話は誰一人としない( ̄^ ̄)ゞ

久しぶりの記事で、ちょっと長々と書いてしました。
最後までお読みいただき、ありがとうございましたヾ(≧▽≦)ノ



ランキングに参加しています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

BigなNewsが続く…

先週末は、テニス全豪オープンの決勝。
大坂なおみ選手の優勝で盛り上がりましたね。
日本人初のランキング1位ヽ(^o^)丿
ものすごい快挙です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
テニスは、若いころ、ちょっとかじっていて…、
観るのも好きで、かなり興奮してしまいました!
フィジカルもタフだな~って思いましたけど、
なんと言ってもメンタルの成長がスゴイって!
これからの活躍を応援したいですね!
もちろん、錦織選手もね(*^_^*)

って、昨日、今日は、大阪選手の話題でもちきりかと思ったら…
昨夜のまさかの「嵐の活動休止宣言」( ゚Д゚)
ファンってわけではないけど、ミーハーの私は結構嵐の番組もみたりするし…
SMAP、TOKIOのことがあったら、今の発表なのかな~って思いました。
休止までの約2年間、頑張って走りぬいてくださいヽ(^o^)丿

平成最後の年は、まだまだBigなnewsが続きそう?


ランキングに参加しています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

「やっちまったな~」の出来事

スキー場での話をもうひとつ。

平日だったので、リフトはもちろん、ゴンドラもほとんど待ち時間なんてありません。
「あのころ(1990年代)の混みようはなんだったのか…」なんて、旦那と昔話で盛り上がり?

平日のゲレンデは、先日のブログでも話したように、お達者クラブ?のおじ様たちと言っても、
挨拶とかしても、ほとんどがぼっちで行動する人ばかり。
たまに、私たちみたいな夫婦らしい人達がいたり、ボードの若い子たちのグループがちらほらと。
あと、地元の中学校の授業らしい集団もいたけど…。
はっきり言って空いてる。

えぼしスキー場のゴンドラは6人乗りですが、1グループで乗るってことはほとんどなく、ぼっちの人も多いから相乗りしています。
でも、3~4人で乗る感じ。
大して混んでないし、6人で乗るまででもないと暗黙の了解な感じかと。
私も、オヤジ5人に囲まれたら息が詰まりそうだし、やだな(笑)

ゴンドラ乗り場で十数名並んでいたところ、列の外側にひとの気配が…
うちらよりちょっと上そうな夫婦がやってきました。
一瞬「ん?」って思ったけど…
奥さんらしい人が「いいの?」って。
旦那様らしき人は「空いてればいいんだ」って。
そして、きたゴンドラに3人しか乗らないと分かった瞬間、「行くぞ」って。
そのゴンドラに向かっていきました。
周りの人達は一瞬、「えっ」って思った感じだけど、
別に、その人が抜かして乗ったからと言っても、
自分たちの待ち時間をそれほど変わらいって思ったし…、
皆さん、何も言わずにいたんだけど、
その直後に悲劇が…

急いで移動したから、スキーの板がバラバラになり、
かろうじて、スキー板をゴンドラにのせたまではよかったのだが、
時間が足りず?その人がドアに挟まり…、緊急停車!

スタッフの皆さんも大慌て…。
私は旦那と顔見合わせて、「やっちまったな~」って。
私たちの後ろのおじ様が、「まったく…、そういうこと(順番守らない)するから…、ほんと迷惑だな」って。

順番を守らなかった旦那さんは…、
「6人乗れるんだから、もったいない」って思ったのかもしれないけど、
昔の混み方を知っていると、「詰めて乗れよ」って思ったのかもしれないけど。
けど、並んでいる人を抜かしてまでやることだったのか?
結局、停車している時間を考えると、ゴンドラを二つ、三つ待っても変わらなかったような…
この待ち人数で、そこまですることだったかな…。
うちの旦那、「これは、ちょっと恥ずかしいよね…」って笑ってた。
「確かに恥ずかしいね…、さすがに、もう、やらんでしょ」と私。

動きだしたゴンドラに、スタッフの人も苦笑いしながら「すみませんでした」って。
後ろのおじ様は「罰金でもとっか~」って、笑って言ってました。

その場にいた十数名の皆さん、ほんとに穏やかな人たちでよかった!
こんな現場を見ると、怒鳴り散らす人も世の中にいるからね…

人の振りをみて、学びました!
 「順番は守りましょう!」 ( ̄^ ̄)ゞ


ランキングに参加しています。
よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
プロフィール

ルノー

Author:ルノー
人生も折り返し、子育ても終わりに近づき、気がつけばなんでも中途半端…。
“にわか”でもいいじゃん!
とりあえず、やりたいことやってみよう\(^o^)/

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR